先週は学生時代の知り合いに
何年かぶりに会う機会があって
もともと人付き合いは苦手なのので
そのころでさえ、そんなに親しくしていたわけではないのに
何だが懐かしくて楽しくて
会えてよかったなと思いました。

「心は自由だよ」と私は患者さんに良く言いますが
自分でもほんとうに「心は自由」だと
思っていて、くたびれたりしたら
空をみて、心を鳥のように羽ばたかせて
いろんなところに行ってみる。
あるいは眼を閉じて
いつか行った海の中、シュノーケリングで
綺麗な魚と一緒に泳いだときの
あのときの自分になってみる。
「こうでなければ」と思い過ぎると「心」が
苦しくなるから、自分で自分のこと縛って
窮屈にしているんではないかなと考えてみる。

で、旧い知人と話していて
「心」は時間も飛び越せるのかぁとうれしくなったの。
まだ学生の頃って
いろんなこと知らなくて
生きていく技術(アート)が未熟だったから
苦しかったし、不安だった。だから
あの頃に戻りたいとは思わないけど
あれはあれで、無防備な純粋さがあって
良かったなと思います。 

いまになって、
また集まろうよと声をかけてくれたのは
ありがたいことだな。
そして「こころは時間も飛び越えるくらい自由」と
気付かせてくれた、そのことに感謝です。

きのうは「トレーシーダイエット30日」のシークエンス3、各30回。
そのあとジムに行って「エアロビクス」60分。
10月は日曜日5回あるから、5回目。
複雑な動きがすっかり身体に入って
むちゃくちゃ楽しかった。
自転車が初めて乗れるようになったときみたいな感じ。
また、来月から新しいコリオ。
うーん、何だかもったいないですよね。
こんな面白い動き、取っておきたい。
でも覚えていてもすぐ忘れてしまう。
そこが自転車や逆上がりと違うところ?
でもエアロビクスも、たとえコリオグラフは忘れても
一度やれるようななった要素は身体の入っていると思うな。
たぶん・・・


blogram投票ボタン