久しぶりに、雑誌の感想。
「Zipper」2013年11月号の連載「AND END」です。



今月号の相談者は20才の女の子。
「寂しさや不安からつい複数の男性と関係を持ってしまう」
という悩みです。

綾野さんの答えは、
「相手が自分に何を求めているのかを体感すると同時に、
 あなた自身が求めるものを意識して考えてみてください」
というもの。

今回も、綾野さんはまず、共感的に相談者を受け止め、
決して、否定の言葉を言わない。
「今、すぐにやめなさいとは思わない。
 無でやっていることを意識的に考えて・・・」と勧める。
「本当にその人をあなたは求めている?」
「本当の意味で見つめられている?」
「自分の求めていることと、ずれているなら
 そういう行為はやめる、そういうシンプルなこと」

そのうえで、人と本当にかかわること、人から得られることの
素晴らしさについても言及しておられます。

感情に振り回されないで、客観的な視点を持つことを
勧め、さらに、ほんとうに人と関わることの、
大切さも伝えようとする、優れた回答だと思いました。

写真は、お鬚にハットをかぶった、斜め横顔。
少し前の、役柄のために,お鬚、たくわえてらしたときの
ものですね。

エクササイズ、
今朝は「トレーシー1」のみ。
blogram投票ボタン