第8話のコメンタリーは「稲庭工務店」のみなさんでした。
綾野さんは途中から参加。

DCcTOJ_UAAAndTc

「稲庭工務店」のみなさん、役柄的にもみなさんステキですが
わたし、けっこう、他作品でもみていたので
特に篠原さんは映画「恋人たち」の主役で見て
その後、どのような作品に出演されるのかなぁと思っていたので
このドラマの配役で見て、うれしかったです。
コメンタリーを聴いていてもトリックスター的な位置で
一所懸命盛り上げようとしてらして、頑張って!と思いました。

綾野さんが早い時期にみなさんをお食事にお誘いになって
打ち解けるの速かったというエピソードは
綾野さんならではと思いましたし、
途中から参加さっれたあとも不在だった部分のことまで
フォローされていて、ほんと、すごいなって思いました。

来週は120年前の物語。
「呼六」という名前が「孤独」から来ているってお話、
もちろん7人兄弟の6番目という設定もあるとのことですが
やはり、人間のもつ様々な面、描かれていて、深いなって思いました。

DCZNdn2VYAI19U0

わたし周防龍一からなので、こういうクラシックな
お洋服の綾野さんを見ると、ビジュアルだけでも
こころ、持っていかれます。うーん、楽しみ。

120年前の物語だけで、もうひとつドラマ作ってもらいたいくらいです。
まだ見てもいないのにね。だって、ステキだもの。

エクササイズ
順調に「トレーシー」とジム続けています。