いまは、週に9時間と、月に1度の嘱託産業医など
合計すると月に40時間弱しか働いていないわたしが言うのも
どうかと思うのですが、勉強している時間も仕事のうちと思っていますし
メインの仕事はたった、週に3時間だけですが
大手企業で精神科専業医として面接していることだと考えているので

このごろ働くってどういうことだろう?って
いつも意識しているようなところがあります。
DUDAのCMがストレートな表現に変化して
すこしがっかりしすぎているのも、そのためかもしれません。

いま長時間労働に関してのNewsがほうじられていますが
職種によると思うのです。
医師は当面、例外とされるようです。
仕事なのか修行なのかという時期が必要な仕事では
その時期、時間など気にしないで仕事に打ち込む必要があると思うのです。

じっさい、今、面接していても
長時間労働はむしろ制限される傾向にあるので
定時内で仕事の負荷が増えたとか
みんなが忙しくてわからないことを教えてもらえないなどの
悩みが多いのです。それともっとも大きいのは人間関係。
職場の人間関係や雰囲気が良ければ
メンタルの問題はほとんど出てこないデス。

じっさいにはどんな方なのかわかりませんが
綾野剛さんの仕事の仕方を見ていると理想的な感じがします。
ちゃんと仕事に対し裁量権を持っている。
必要とされてしている仕事だけれど、そのことにやりがいを持って
したくてしている。仕事のチームに愛情を持っている。
そのことが出来上がった作品を素晴らしいものにしている。

ほんとに、ステキだなぁと思いますね。
仕事って条件だけじゃないよね、

エクササイズ
トレーシーは順番に毎日。ジムは行けるときは必ず。
特に「ファイドゥ」のクラスは楽しみです(笑)