今回は、佐野さんがしだいに追い詰められて屋上に立つところまでが
ほんとうに丁寧に描かれていました。
わたしは精神科・心療内科の医院をしていたので
産後うつの方の治療を多くしていました。
産後は急激なホルモン変化があるし、なかなかまとまった睡眠がとれないので
うつ状態に陥りやすいんですよね。
生まれてくる赤ちゃんの個性は様々で、よく眠ってくれる子なら
まだ少しは休息でいますが、泣いてばかりで、抱っこしてようやく眠っても
ベッドにそっと寝かせたら泣き出して、ずっと抱っこしてないと
いけなかったりすると、お母さんの方が泣きたくなりますよね・・・
母乳をあげていたりすると、薬を飲むことにも抵抗があって
精神科を受診するのは、ハードル高いんです。

でも、今回は四宮先生のおっしゃっていたことが正解で
「産後うつ」は病気だから、ちゃんと治療すれば治るし
ひとりで抱え込むことないんです。

わたしなんて、妊娠・出産の経験ないんですけど。、
「こういう時期はね・・・」「赤ちゃんはね・・・」って
どれほど説明したことか・・・
ひとりひとり事情が違うから、きちんともつれた糸をときほぐしように
話をきいて、家族に協力と理解を求め、
場合によっては母乳をストップしてでも薬物療法を行います。
母乳を続けたい方には漢方薬、使ってました。
佐野さん、助かってよかったです。

サクラ先生の、あの手紙の患者さんのことも明らかになりましたね。
四宮先生、すごく頼りになる・・・
今シーズンでは、ほんとうに良いパートナーで
下屋とヒロイン役を競っているとおっしゃっていたのは
冗談だと思ってたんですけど、フォローが素晴らしくて、
よいバディだなって思いました。

川栄さんと喜矢武さんの山崎さん夫妻はかわいかったですね。
若いパパとママっていいなって思いました。
陣痛を感じないなら親になれないというなら自分は父親になれないのかっていう
セリフはカッコよかったです。

それから、宮沢氷魚さん演じる赤西先生は大丈夫ですかね。
産婦人科医になるつもりないって、それはその科を研修中
言ってはいけないNGワードですよ。
何のために、各科研修があるのか・・・
わたしだって、いまでも他科のアップデートな話題は
勉強していますよ。きっと、彼がそれではいけないって気づいていく
ところも描かれますよね。そう、信じたい。

あー、また書き出すときりがありません。いいドラマ。
ありがとうございます。綾野剛さんに感謝です。

エクササイズ
トレーシーメソッド、毎日、このところ1を続けてます。
ジムは行けるときに。なんて言うか身体のコアが強くなっている気がする。