録画してあった、「カーネーション」95話、96話を見ました。

わたし、95話のことがすごく記憶に残っていて、
このブログに感想書いた覚えがあったので、読み返してみたの。
2012年1月28日の記事ですけど・・・

基本的に今も、同じ感想。
でも、このころはわたし、まだ綾野さんのファンじゃなかったんですね。
「これからが楽しみな俳優さんです」なーんて、書いてる(笑)

95話の周防さんはあまりセリフがなくて、
でも複雑な想いを表情で繊細に演じていらして、
まさに、周防龍一という人がそこに存在しているとしか思えませんでした。

あのあと、回想シーンまで登場しなかったけれど、ずっとずっと、
折に触れて糸子さんを想いながらも、家族を大切にして、
一生を終えたんだなって、想像できました。

カーネーション、DVDとか高価で手が届かなかったけれど、
今回の再放送で、録画ができて、本当に感謝です。
ほんとに、いいドラマ。

エクササイズ
今朝は「トレーシー1」半分だけ。ジムでエアロビクス。
今月のコレオグラフも最高に楽しい。