今、ドラマ「ハゲタカ」最終話、4回目見ています。
さっき、綾野剛さん演じる鷲津の「では」という言葉で、
3回目を見終わったところ。
また、すぐ、見たくなって、繰り返しています。
やめられないですね(笑)

先週、わたしの頭ではついていけなかった鷲津の社長就任の意図も
すごくよく分かったし、もうほんと面白かった。

帝都重工再生のシンボルとして、利用しようとしか考えていない、帝都重工の
真壁会長や役員たち、飯島。それに対して、
破壊と構築、の破壊の部分の証拠集めに熱心に働く鷲津。

わたし、ほんとによく働く人だと思った。
社長の椅子にふんぞり返って部下に命令するような社長ではなく、明確な意思に従って
自分の考えで行動する鷲津という人。ものすごく勤勉ですよね。
たぶん、その時点で帝都重工に所属している人の中で一番仕事している人。
なんか、私、感動しました。

貴子を演じた沢尻さんもますます美しくて見とれました。
アジア重工業連絡会議のシーン、鮮やかで貴子も鷲津もかっこよかったデス。

最後は、イヌワシを見るあの美しい景色。会えなくても微笑む貴子。
空港の空を仰ぐ鷲津。すこし微笑んでいた感じがしました。
初回からあのイヌワシの場所は登場していたけど、
あれが、scrap&bird のテーマ、破壊と羽ばたき、つまり綾野さんがテーマは希望とおっしゃっていた
その希望を象徴していたんですね。

芝野さんもよかったな。
最後の社長就任会見で、鷲津のこと聞かれ、
「彼はハゲタカ、腐っていたから狙われたんでしょう」というところ。
再生を請け負う人として、飛んでいくのでなく、地に足つけて働く日本の企業家の理想を感じました。

小林さんの飯島もよかった。ほんとに歌舞伎の悪役みたい。
「わしはまだ生きとる」「地獄を見せたる」「首洗ってまっとけ」ですもんね。

話し出すときりがないけど・・・
きっと、わかってないところもまだいっぱいあると思うし。

Blu-ray 、DVD box の発売も発表されましたね。

ハゲタカ Blu-ray BOX
綾野 剛
バップ
2018-12-19


うーん、欲しい。でも、・・・悩みます。
それから、綾野剛モバイルの『Shooting of Washizu Ⅱ』
すっごくかっこいい。見られなくなる日までできるだけ繰り返し見ます!

エクササイズ
今朝は「トレーシー腹凹」、きのう、バイト先に忘れ物してしまって
営業前の時間に取りにいったから、ファイドゥに出られなくて、
ジムではウォーキングしました。30分くらい。
200キロカロリー消費。
うーん、忘れ物。うっかりさんが・・・なかなか治らない。反省。