今日、スポーツクラブに行って、
上腕さんが転勤するということを知った。
今週いっぱいで、いまのジムでの勤務は終わり、
5月からは300㎞以上も遠くのジムで勤務される。


社員さんは比較的短い期間で転勤されるので
いつかはこういう日が来ると予想していたんだけど、
なんだかショックで、涙目になってしまった。

もうあんなふうに視線が合って、笑顔を交わす存在がなくなってしまう・・・

自分の心の中で勝手に「周防さんごっこ」と名付けていた
小さな幸福が、2度とないのだと思うと、ほんとに悲しい。
でも、これまでの2年弱が、
奇跡のようにしあわせだったのだと思うの。

何秒×何十回くらいかな?きっと、一生からみたら砂粒のような時間だね。
神様に感謝です。

これからも、ジムで身体を動かす喜びがなくなるわけではないので、
エクササイズ、続けてい行きます。がんばろ!