109330591_140209101051908_3901186689685664460_n

もう、何回目かな。いまも第5話を見ながら、感想書いています。

外国人実習生のつらい現実が描かれた第5話。
日本は<夢の島>だったはずなのに・・・・
(<夢の国>ではなくて、<夢の島>なんだね。ゴミが積み上げられていた
皮肉な名前の埋め立て地みたいだ・・・)

いま見ているシーン、ベトナム人実習生の
マイちゃんが、「日本嫌いになりたくなかった」って泣いている。

伊吹・・・
「国の罪は俺たちの罪なのか」
「俺がごめんねって言っても何10万ものロボットにされた人たちは救われないんだよ」
「みんなどうして平気なんだろう・・・」
志摩・・・
「見えてないんじゃない?」「見ない方が楽だ」
「見てしまったら世界がわずかにずれる」
(ここで、マイちゃんと水森の写真、そして水森の映像)
「そのずれに気づいて、逃げるか、また眼をつぶるか」

伊吹・・
「それ志摩の話?何かに気づいて自分が信じられなくなった・・」
(志摩がフラッシュバックした映像のカット)

ほんとは最初から最後まで、書き起こしたいほど、
魅力的な脚本なんだけど・・・・

あきらかに水森は「見えていた人」なのに、
選択を間違えてしまった。
ループ・ゴールドバーグ・マシンの分岐点、間違った方向に
転がって、落っこちてしまった・・・
「はじめから、こういう人間だ」って言葉は嘘。

「これまでたくさんの人を日本に入れてきた」
「300人、400人、500人の人材」
「マイさんといるとあの人たちひとりひとりのことを考えてしまう」

EdqslboVoAAq_kY

「外国人は日本に来るな」
「ジャパニーズドリームは全部嘘だ」
水森の最後の叫び・・・

志摩の言葉、
「水森は少しは楽になったのかな。罪を叫んで裁かれることで」
「気づいてしまって、ずれた世界を伊達メガネでごまかして」
「ごまかしきれなくなったんだろうな・・・きっと」


ドラマ自体が面白いだけではなく
ほんとうに毎回、胸にささる。

伊吹が尊敬するガマさんの言葉、

「何だってそうだ。まともにやろうとする人間と
抜け道捜して悪さする人間がいる」

つらい現実だね・・・あと・・・

・桔梗は今回ワンシーンしか出なかったけど、やっぱりかっこよかった。
・九重の方言は何?

来週は、志摩の「相棒殺し」の真実が描かれるようだし、
成川岳くんと謎の男、菅田将暉さんの登場もありそう。
うーん、また1週間、待つしかないんだね。
楽しみに、待ちます。