エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

2012年06月

6月最後の日。

6月30日、今朝は「シークエンス3」各20回と
「ジリアン」レヴェル3、10日目を終了して、
今月の30日を「ジリアンマイケルズの30日間集中ダイエット」に充てるという

計画は無事に終了しました。
でも・・・驚いたことに、ぜんぜん痩せなかった。
当初の目標、鎖骨が美しくみえること、と
足首がもう少し締まること、については
多少・・・効果があった気がします。
あ、ジリアンやろうとする人、がっかりしないでね。
私は、もうずっとエクササイズが当たり前になっている
ので、この運動量では体重変化、乏しいけど
これまで、あまり動いていない人が
もしジリアンを無事30日間やったらすごい効果あると思います。
それに白状すると、ほぼ毎日、ケーキとかデザート食べる
食生活だったのです。反省・・・
逆に言えば、これだけ動いているから、おいしいものを
毎日、楽しくいただくことができるわけで、しあわせなことだけれど・・
明日から7月に入りますが
引き続き、「トレーシーメソッド」は続けて、
有酸素運動としては「バイラバイラ」のバックナンバーを
やろうかなと考えています。
伊藤由里子さんのブログによると
7月14日(土)にこれまでのバックナンバー99曲を踊り
100曲目をお披露目するイベントがあるらしいのですが
仕事があり、さらに人が集まるところは苦手な私は
当然、行かれないので、
ひとりバックナンバー大会を自分だけでしようと考えたわけです。
きのう、引越しの時にしまい込んだままの
バイラの DVD を引っぱり出して、vol.1 を見てみたんだけど
なつかしい。それとすっかり忘れている。
ジムのクラスでときどきバックナンバーをしていただけると
いってもさすがに vol.1 はしないですしね・・・
バイラを通して11曲踊ると45分。
ジリアンの25分に比べると時間がかかるので
明日からも早起きして、楽しくエクササイズしようと思います。

読書、「夏の終わり」は表題作は読んだけれど
他の短編も連作っぽいので映画のベースになっているかもしれず
全編読んでから感想書きます。

「ヘルタースケルタージャパンプレミア」、綾野さん登壇されるんですね。
報道があるといいな。
明日の「新撰組血風録」も楽しみだしね。
blogram投票ボタン

「横道世之介」読了。

きのう、「横道世之介」を読み終わった。


読んでいない方もいらっしゃると思うので、
ストーリーには触れないけれど、簡単な感想書きます。
「ああ、こういう小説もあるんだ」って思った。
自分がぜんぜん知らない世界のことや
想像もできない物語を読むのも楽しいけれど
この小説は新聞連載された、2008年~2009年ごろと
その20年前の1988年~1989年ごろが描かれていて
自分の記憶にも、その頃の時代感覚が残っているので
ああ、そうそうって、そんなふうに読めるの。
誰もが普通に暮らしているようでいて
いろんな背景を抱えているし、あるとき出会って
その出会いがずっと続くこともあれば、離れていき
まったく別の人生になり、何年もたってから消息を知ることもある。
そういうことが、すごくうまく描かれていた。

その中で、綾野さん演じる「加藤」は私にはとても
個性的で魅力的な人物に思える。
あとで、調べたら映画はもう5月にクランクアップしているようなので
今年の3月~5月に撮影されていたと思われ、
だとすると、綾野さんが「黒崎裕」とこの「加藤」を
どんなふうに演じ分けていたのかをみるのも楽しみ。

個人的に、メモしておきたいセリフ。
☆世之介の従兄、清志が世之介に「怒り」についてこう言う。
「他人に何かを求めて、それがかなわないから怒る。
 それって俗物以外の何物でもない、それに怒りなんて何の役にも
 立たない。ただ、公平な目を失うだけのこと」
☆世之介が憧れる女性、千春が、世之介に言うセリフ。
「・・・でも、なんか違うって思ったんだよね。なんて言えばいいのかな。
 狭い町の中で好きな人を見つけて、結婚して、幸せになって・・・
 そうじゃなくて、私、元々闘争本能が強いんだと思う。
 何かが欲しいんじゃなくて何かを捨てたいんだと思うのよ」
☆祥子が友人の子供のことについて考え、
 大切に育てるということは「大切なもの」を与えてやるのではなく
 その「大切なもの」を失った時にどうやってそれを乗り越えるか
 その強さを教えてやることだと思う。
☆祥子が世之介のことを思い出して、
 「いろんなことに『YES』って言っているような人だった」
 「・・・もちろんそのせいでいっぱい失敗するんだけれど、
  それでも『NO』じゃなくて、『YES』って言っているような人・・・」

サイケデリックペインの公式サイトも次第に充実して
バンドプロフィールなども UP されていました。
綾野さん演じるギタリスト魁人のプロフィールかっこいいです。
何だか毎日、しあわせです。

エクササイズ、
一昨日の夜は「エアロビクス」と「バイラバイラ」
昨日の朝「トレーシー1」と「ジリアン」レヴェル3、8日目。
今朝は「トレーシー腹凹」と「ジリアン」レヴェル3、9日目。
blogram投票ボタン

見ることができたよ。

某ブログさまの情報により、
先日の「サイケデリックペイン」の記者発表の模様
見ることができた。
これが、6月23日時点の綾野さん?
ちょっと、疲れていらっしゃるようにみえる・・・
大丈夫?
心配・・・・
blogram投票ボタン

「装苑」8月号の“ヘルタースケルター特集”。

お昼休みにふらふらと本屋さんに行って、
「装苑」8月号と「夏の終わり」を買った。
 
「装苑」の“ヘルタースケルター特集”は 10p にわたって
原作について、美術、ヘアメイク、監督、俳優へのインタビューなど
掲載されていて、読み応えがありました。
綾野さんへのインタビューと写真は
半ページだけだけれど、
ソファに頭を持たせかけて、煙草をくわえ
まっすぐにカメラに向ける視線が・・・・
ドキッとさせられる写真。
インタビューにも
またまた名言が・・・・
「人は誰かにおとしめられて堕ちるのじゃなく、
 誰のせいでもなく、自分の心の中でどこか
 堕ちたいと思って堕ちていくんだと思う」
「美しいと決めるのは自分自身じゃなくて、
 結局は周りの評価。その表面的なイメージに
 とらわれると終わってしまう。僕は目に見えない
 ものに向けて戦っていきたいです」
この「戦っていきたいです」の部分は
イギリス特集でおっしゃっていた
「高貴なる反逆」に通じるものがありますね・・・
ほんと、すごい人だなぁ・・・・
綾野さんの写真はスタイリストへのインタビューのページにも
小さいのがあって、スタイリストの衣装への意図が
ついていました。いろいろ楽しみです。

エクササイズ、きのうは「バイラバイラ」60分。
今朝は「シークエンス3」各20回と「ジリアン」レヴェル3、7日目。
相変わらず、元気。
blogram投票ボタン

「横道世之介」の加藤くん。

昨日から読み始めた「横道世之介」。
主人公の世之介の大学入学からの一年間を描いた小説らしく
章が月ごとになっている。
「四月」からはじまって「三月」で終わる。
とても読みやすくて、昨日、「八月」まで読みすすんだ。
綾野さんが演じる「加藤」は「六月」に登場する。
そう、確か「加藤くん」だったはず。
どこかで読んだ記憶があって、
このブログにも書いた「Dramatic Actor 」を引っぱり出して確認。

ありました。p67 写真は主人公役の高良健吾さんだけだったけど
記事に綾野さん演じる「加藤」と出会うシーンの撮影とあった。
今年の3月にクランクインということだけれど
いったいいつ撮影しているのかしら?
一年間を描いた小説なので、季節ごと撮っていくなかな?
この映画の中での「加藤」の存在感はどの程度なのだろう?
小説では「加藤」という人が、とても魅力的なの。
綾野さんが演じるとしたら・・・ぴったり。
でも大学1年生だと、18~9歳だよね。
この小説の不思議なところは、ところどころに
登場人物の20年後が挟み込まれているの。
だから、もし、それも描かれるとすると
18~9歳と38~9歳を演じ分ける?
いやー、面白そう。
ネタばれになるから、書いてはいけないと思うけれど
読了したら、同じく読了した人と、
思い切り綾野剛さん演じる「加藤くん」について
想像の翼を広げ、語り合いたいものです。

エクササイズ、今朝は「トレーシー腹凹」と
「ジリアン」レヴェル3、6日目。
レヴェル3も慣れてきた。朝から思い切り汗かいて
気持ちいい。
blogram投票ボタン
ギャラリー
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。
  • スッキリ
  • 明日は「スッキリ」
  • 綾野さんの言葉、「平成」への愛。