エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

2012年12月

今年最後の日に。

2012年12月31日。今年最後の日になりました。
一年間、ありがとうございました。今年は、「カーネーション」を
視聴していたことがきっかけで、綾野剛さんのファンになってしまい、
このブログもすっかりファンブログになってしまいました。
たいへんに魅力的な俳優さんなので、わたしが好きになったのも
不思議ではないと思うのですが、わたしが綾野剛さんに
どうしても興味を持ってしまうには、また別の理由があります。

わたしが仕事として取り組んで来たひとつの大きなテーマがあります。
人は与えられた環境や遺伝的素因やそういったものを
逃れられないものととらえないで、それを生かして、どのように
人生を切り開いて行くのだろうか?ということです。
わたしが精神科医になった始まりに学んだのが
「精神病理学」、「精神分析学」でした。
それはつまり、この病状の背景にはこのような生育歴があって
幼いころのこのような体験があって、周囲の環境からの
このような影響があって・・・というように解き明かしていくものでしたが
それは今でも大切な手法だと思いつつ、
では、そうであっても病状を出現させないで、問題なく自らの人生を
実り豊かに暮らしている人と、病気になった人とは
どこが違うのかという疑問が生じました。
わたしがいちばん知りたいのは人はどうすれば精神を病まないで
自分の人生を肯定的に生きることができるかということです。
そうした中、「至高体験」という本に巡り合い、
この言葉を知りました。
「心理治療において一番重要なことは、人間が《意志の行為》によって
治療できるものだという点である。精神疾患とは一種の記憶喪失だ。
患者は自分の力を忘れてしまっているのだから。治療者の仕事とは、
どうにかして患者と現実との接触を再生させることにある。」

(「至高体験」についてはこのブログに別の記事があります)

で、おそらく、わたしが綾野剛さんの中に見出しているものは
その《意志の行為》の美しい結実なのだと思うのです。
高校を卒業後、渋谷に現れてから始まる綾野剛さんという
俳優さんの物語は《意志の行為》そのものから生まれている。
彼は綾野剛であろうとする《意志》のもとに生きている。
その純粋な《意志》に多くの人が巻き込まれ、与え続け、
さらなる綾野剛を作り続ける。その物語を追って行きたい。
そういう気持ち。

というわけで、この一年は綾野剛さんにあけくれましたが
来年もそうなってしまいそう。

仕事の目標は、これまでと同じです。
受診して良かったと感じていただけるセッションを提供すること。

プライベートでは「うっかり」を減らしたい。
あと、いつ終ったとしても後悔しない日常をこころがけたい。
(これまでに死んだかもしれない事故を2度経験しているので・・・)

エクササイズは引き続き、「トレーシーメソッド」と有酸素運動を続けます。
年齢によって体型が崩れるのは当然という常識に逆らい、
きのうより今日の方が、かっこいいぞと思える自分でありたい。

今年最後のエクササイズ記録、
きのうは「トレーシー腹凹」のあと、ジムで「エアロビクス」60分。
今朝は「シークエンス3」のあと「 DDDハウスワークアウト」。
blogram投票ボタン

DVD三昧な休日。

きのうからお休みなんだけれど、
ようやく、「ヘルタースケルター」の本編を見て、
それから「孤独な惑星」が届いたので再見して。
あとはお掃除とか家事仕事するときにほ「サイケデリックペイン」を
ずっと流していました。

夜になって、写真集「綾野剛 2009>2013 の発売を知り、
びっくりしました。うれしいです。
写真だけではなく、インタビューもというところが
すごく期待できそう。
御自身の誕生日にファンへプレゼントのように
写真集を発売されるなんて、やさしい人。

で、今朝は「裸にしたい男」前後編を一気見。
やはりいい。とてもとてもステキ。
最後の方で、松平容保が憑依してきそうだけれど
器がまだ小さいのであふれてしまうとおしゃっていらした。
あの、少し緊張気味の感じがいい感じで演技に出ているといいな。
あと、「変容」を恐れないことに関することで
「性格は変えられないけれど。考え方は変えられる」と
おっしゃっていたけれど、それはそのまま認知行動療法の考え方。
綾野さん、自分で変えられなかったもの、つまり
自分で選択できなかった、故郷や家族から距離をとって
自分の人生を勝ち取ってきた人だという感じがする。
出自から離れて、自分を生きようとする若い人にとって
よいロールモデルになりそうだって思う。

今年最後のミニ考察。
ツイッターの件。
5日間という短い期間でしたが、楽しかった。でも、
綾野さんには向いていないと思っていたのでほっとしました。
ツイッターって自分発信のツールだから。
綾野さんは自分から発信するお日さまタイプではなくて、
照らされて輝くお月さまタイプだと思うの。
彼を輝かせる周囲の人を大切にしていると思う。
月光の狂気や神秘性も綾野さんには感じる。
だからインタビューを受けるとか、誰かの質問に答えるとか
そんな形で自分を表現したほうが似合っていると思う。

エクササイズ、
きのうの朝は「トレーシー3」のみ。
今朝は「トレーシー1」「DDD housworkout 」
ジムで「バイラバイラ」60分

昼からは、年末の仕事、医院で薬品の棚卸、
書類など整理なかなか進みません。
うーん、お休みもあっという間に過ぎるね。
blogram投票ボタン

写真集!!

さっき、Ayaさんのコメントで気付いた写真集の情報。
うれし過ぎる\(^o^)/

綾野剛のすべてがつまった前代未聞の3年本!!
「綾野剛 2009〉2013」 1/26(土)発売!!

こんなことが企画されていたなんてびっくりです。
ほんとにファンの気持ち、持ってく人ですね!
もうほんと、困ります♪

1月26日って、綾野さんのお誕生日だね。感動!!
blogram投票ボタン

どうしても・・・

考えていること、感じていることが、綾野剛さんのことばかりという
わけではないのですが、書こうとすると、やっぱり綾野さんのことに
なってしまいます。
アマゾンから、メールが届き、「孤独の惑星」DVDが明日届くことに。
とてもうれしいです。

レンタルですでに見ているので、作品を知りたい気持ちは
おさまっているんだけれど、気に入ってしまったので、
持っていられることになったのはうれしい。
人と人との距離感、そのことについていろいろ考えさせられる
お話で、映像や音楽も、なかなか魅力的だし、
何か、好きだなぁ・・・と思って。

きのうは蜷川実花さんのブログを久しぶりに見て
「ヘルタースケルター」DVD発売の日の記事、
特典映像に「綾野さんのひとり芝居7分間」という内容が書いてあって、
そういえばメイキングは見たけれど、未公開シーンはまだだっけと
思い出して、そのシーンを見てみた。

やっぱ、綾野さんスゴイ。この「奥村」という男が「りりこ」のことを
まったく理解していないのが、嫌と言うほど伝わってくる。
映画本編ではほとんどカットされていたこのシーンを蜷川さんが
DVDに残し、ブログでわざわざ伝えたくなった気持ちがわかりました。

ツイッター情報でも、いろいろ知ることができています。
情報発信して下さっている方に感謝です。
そんなに「知りたがり」になっているわけでも
ないのですが、オープンにされている情報から、
お元気そうな様子がわかると、ほっとします。

エクササイズ、
ゆうべはジムで「エアロビクス」、「バイラバイラ」。
今朝は「トレーシー腹凹」のみ。
もうすぐ「トレーシーメソッド」を初めて3年になるけれど。
最近ななって、ようやエクササイズとしての動きが
できてきてると感じる。
動けるようになったから、形だけでなく、ほんとうに
動かせるようになったという印象。
続けることが重要なのだと思う。
blogram投票ボタン

うれしい悩み。

自分へのクリスマスプレゼントとして購入したDVD。
「サイケデリックペイン」はまだ一度しか見ていないし、
「ヘルタースケルター」はまだ本編を見ていない。
もう一度見たい録画もいっぱいあるし、
年末年始のお休みが楽しみではあるんですけれど、
どうも自分の気持ちが、「八重の桜」の松平容保に行ってるんですよね。
10分間と短い時間で見られるので今朝も
「綾瀬はるかin大河ドラマ八重の桜」を見てきたんですけれど
あの中で、数場面写る綾野さんの松平容保の素晴らしいこと!!

「八重の桜」初回の試写会レポート、NHKのサイトに up されていましたね
来年の1月6日が早く来てほしいよ。

エクササイズ、
きのうの朝は「シークエンス3」のみ。夜、ジムで「バイラバイラ」60分。
今朝は「トレーシー1」のみ。
きょう、患者さんに「先生、やせた?」と言われる。
体重も体脂肪率もそう変わってないのですが、
何か締まってきています。なんだかほんとにトレーシーはすごいな・・・
blogram投票ボタン
ギャラリー
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。
  • スッキリ
  • 明日は「スッキリ」
  • 綾野さんの言葉、「平成」への愛。