エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

2017年05月

週刊女性



きょう発売の「週刊女性」
表紙とグラビア&インタビュー3ページです。
グラビア扉ページの顎に手を添えて視線を横に向けている写真もいいですが
めくって次のページの頬に手を当てた写真の柔らかでやさしい表情にしばしみとれました。
「特写 綾野剛を突き動かすもの/映画武曲MUKOKU」という題がついていて
武曲についてのインタビューでした。
2か月にわたる身体づくりについて
「不安だから努力する・・努力することで役に近づく」
「結局、臆病なんです」
「これからも求められる人間であり続けたいと思います」って
綾野さんらしい言葉が語られていたけれど

体脂肪率7パーセントって
並大抵のことではないですよね・・・
「期待していただいている、それに明確に応えたい」とおっしゃるけど
わたしから見ると綾野剛さんはいつも期待以上の結果を魅せてくださる人。
求められるのは当然ですよね・・・

わたしのエクササイズなんて・・・
ああ、でも、このごろ
なんか、こう、一段、違うところに到達した感があるんです。
ささやかな継続だけれど身体は確実に応えてくれる。
綾野さんのようにはとてもできないけれど、頑張ろ!

第6話感想。

今回も内容、濃かったですね。
もう4回も見ているのに、感想まとまりません。
人間を知りたいからとラジオに出演することにした研さん。
それは津軽さんを守るため。
人間の様々な悩みを知って人間を深く知るため。
でも・・・・
これはわたしの受け止め方だと思うけれど
彼は純粋すぎて悩むことができないみたい。
津軽さんを守りたいけれど今のままでは守れないって悩んでいるというより
もっと人間を知ることができれば津軽さんを知り
守ることができると純粋に信じているから。

残念ながら人間はそういう存在を認めることができないから
キャラを作っているという解釈しかできない・・・
飯塚は「デーモン閣下」に例えていたけれど
キャラだとわかっていてもそういうものとして受け止めて面白がる。
世の中、そういうものであふれている。
そういうものがあるから救われている部分ありますよね。
ドラマという存在自体がそうだし。

3つのエピソード、それぞれすごかった。

コンビニのクレイマーエピソードは少し笑えて。
離婚調停中の夫婦のエピソードでは
「悲しい」と「むなしい」という言葉が語られ・・・

信じているものに裏切られるのは悲しい。
最初から信じる価値のないものはむなしい。
 
幼稚園児のエピソードでは
「怪物」という言葉の別の側面が語られました。

津軽さんはハラハラしながら見守り、
稲庭先輩は複雑な思いで深志研をラジオに導く。
稲庭先輩の暗い意図に気づいてしまう室園が悲しい。
「美琴って呼べよ・・・」っていうセリフ、切ない。
このドラマでの川栄さん、すごくいいですね。

短いシーンだったけれど
津軽さんと研さんの並んでお話するところ
「僕は津軽さんをむなしいではなくうれしいにしたいです」
「わたしもあなたにそう思います」
ふたりの並んだ手、少しだけ津軽さんの小指が近づく・・・
キュンとしました。

ほんとうに、濃密なドラマ。

十勝さんは怒りすぎ。
研さんが感情をコントロールできなくなって
新たな菌を出現させてしまうところにもっていくために
そういう人として丹念に描かれているけれど・・・
ちょっとわからなかった。
そういう人もいるのかな・・・
すごかったですね。黒や緑っぽい粒子。

ともかく限りなく純粋な深志研という存在の周囲に
さまざまな想いを抱き悩みながら日常を送る人間存在が描かれて
眼が離せません。

第5話コメンタリー

第5話のコメンタリーも楽しいですね。


DAu00SYUMAEZzU4


ドラマと離れたおお話も楽しかったし
綾野さん、ほんとうに大阪好きなんですね。
後半、ドラマの話題に戻って、
俳優さんの話題とか・・・綾野さん三浦さんとは
アクションやりやすいとおっしゃっていらして
何度も共演されているから?
それから飯塚nお母さん役は片岡礼子さんだったんですね。
「武曲」にも出演されてらっしゃる、虹郎さんの母役?
・・・注目したいです。

きのうはドコモのカタログもらってきました。

coverSou

この笑顔いいですね!

エクササイズ
今朝は「トレーシー1」ジムで「ファイドゥ」
今朝は「トレーシー腹凹」、これからジムに行きます!

docomoの新CM、楽しみですね。



NTTドコモ2017年夏新サービス・新商品発表会がきょうあったんですね。






きょう、他に書きたいこともあったんだけど、
とりあえず、びっくりしたし、うれしかったので、
この話題をUPします。

いろいろ、情報があってなんだかこの時期、しあわせです!
綾野さん、ありがとうございます。

エクササイズ
今朝は「トレーシー腹凹」、アルバイト、通勤はDODAのステッカー車両でした。


第5話感想。

第5話も繰り返し見ていますが、これまで以上に
綾野さんが演じる深志研さんのいろいろな表情が見られたのと
会話がすごく面白かった。
場面場面で、印象に残るやりとりがあって・・・

今回のテーマは「嘘をつく」ってこと。
それから好きな人を理解するためには
自分自身のことも理解していないといけないのではないかということ。

「嘘をつく」ことを巡っての津軽さんと研さんとの会話も
津軽さん、津軽さんのおばあさん、お姉さん、研さん、の会話。
はらはらしてしまうけれど、すっごく面白かったし
稲庭工務店の食卓での会話では
津軽さんと室園美琴のかけあい!が楽しかった。

天草さんと研さんの出会い、
そして天草さんと恋人とのエピソード、けっこう衝撃的。

それから飯塚光毅と母親のエピソード、
親子って難しいですね。あのお母さんは・・・
ただ息子を利用しているだけの人ではないんだよね。
スナックの名前は「みつき」だし、愛はあるんだけど
男に依存してしまうタイプの人なのか・・・
「作業服と機関銃」、一緒に殴りこんでくれる仲間がいるって
なんかうらやましかった・・・
第5話の予告だけ見ていたときには
津軽さんの「あなたが好きです」の告白が
あの場面で、出てくるってこと、想像つかなかった。
でも、感情が爆発して人を傷つけてしまう
「白いキノコと胞子」の出現が
津軽さんの「あなたが好きです」「大好きです」
「私のために我慢して下さい」という言葉で
抑えられることがわかってほっとしました。
津軽さんは研さんに触れることができてましたね。

あの場面、飯塚さんのママの恋人の男性って、
「ごくせんか」とか
「俺と一緒に馬に乗って旅にでよう」とか
セリフ面白かったですね・・・

この回の
室園美琴のセリフ、面白いの多かったし・・・
深いテーマに加えて、そういうコント的な面白さもあるし

稲庭先輩の恋心も・・・・
じわっとにじみでてくるし、ほんと何度でも見られるドラマ。

来週はラジオの悩み相談で研さん大活躍しそうですね。
どうなるんだろう?楽しみです。



エクササイズ
今朝は「トレーシーJapan 」、
ジムで「ファイドゥ」やはりトレーナーさんの上腕、ステキです




ギャラリー
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。
  • スッキリ
  • 明日は「スッキリ」
  • 綾野さんの言葉、「平成」への愛。