エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

怒り

「怒り」ビジュアルコメンタリー

ゆうべ、遅い時間から見始めた「怒り」Blu-ray 特典ディスク
ビジュアルコメンタリー、
もともと、このディスクが見たくて購入したようなものなので、
時間はないけれどとりあえず見ようと思って、見始めたら
やめられず、結局、最後まできっちり見てしまいました。
綾野さんは控えめだけれど、きちんと発言されていて、
最後に、「愛しい作品」であるとお話されていました。

映画館で鑑賞したときも、3つの並行する物語が
違和感なく描かれていて、すごいと感じましたが。
コメントで portu さんが書かれていたとおり
ものすごく緻密な計算で撮影や編集が行われていたのだと
わかりました。
コメンタリーでこれだけ製作の裏側が語られても、
映画の魅力がぜんぜんそこなわれず、より解釈が深くなって
もう一度、いえ、何度も、本編ディスクを 見たいなと
感じるのは、それだけこの映画が素晴らしいからでしょう・・・

人と人が出会うということ、信じるということ、
特殊な事件が描かれているけれど、
ベースに誰もが行き当たる大きなテーマがあるから
胸に迫るんですね。

購入するときには迷っていたけど買ってよかった!

怒り Blu-ray 豪華版
渡辺謙
東宝
2017-04-12

 
きょうもこんな遅い時間からだけれど、もう1枚のメイキングなどが入った
特典ディスク見ようかなって思います。

エクササイズ
朝、トレーシーJapan ジムでバイラナイラ 

第26回東京スポーツ映画大賞授賞式

きのうの第26回東京スポーツ映画大賞授賞式、
綾野剛さん、助演男優賞、受賞おめでとうございます、
その様子が報じられて、あらためて2016年公開の映画での
綾野剛さんをふりかえっています。
ほんとうに素晴らしかったもの・・・

C5njOYKU0AAbJf-

ご自身でもおっしゃっているけど、
菅田将暉さんとダブル受賞もうれしいですね。
このツーショット、感激です。
今週の金曜日には「日本アカデミー賞授賞式」の地上波放送もあるので
ほんとうに楽しみです。
それに3月に入れば、「フランケンシュタインの恋」の情報や
PRも加速度的に盛り上がってくると思うので・・・
私もなんかエネルギーわいてきました。

エクササイズ
昨日は「トレーシー腹凹」、今日は「トレーシーJapan」
で、臨時の仕事に行ってきます!
 

ようやく。

買いますと、宣言していたのですが、
まだ注文していなかった「怒り」の Blu-ray 、今日ようやく注文しました。
ふふ、確定申告書を提出して、還付税のめどがついたので・・・
そんなおおげさな金額ではありませんが、気持ちの問題ね(笑) 

怒り Blu-ray 豪華版
渡辺謙
東宝
2017-04-12

 
アマゾンでは日本のミステリー・サスペンス映画部門で1位になってました。
もうすぐ日本アカデミー賞授賞式もありますし、
もっともっと予約増えるのではないかなぁ・・・
4月12日、楽しみです。でもその頃にはドラマ始まっているのかなぁ・・・

きょうは産業医研修があって、
帰りショッピングモールに寄ったら、
ドコモの大きな広告がぱっと目に入って、
夕方で、買い物の人が多くて写真撮れませんでしたが
うれしかったです。

main_img_01

来週は臨時のストレスチェックの仕事が入っているので、
少し忙しい。きょうの産業医研修は実際多くのストレスチェック面接を
すでにされている先生の講演で興味深かったです。
気がつけば2月も、残りわずか・・・速いなぁ。

エクササイズ
今朝は、「トレーシーJapan」、ジムで「ファイドゥ」、
新しいトレーナーの方、上腕の筋肉の付き方がすごくかっこよくて
いいなって思いました。人間の身体って美しいですよね。
「亜人」のために綾野剛さんが鍛えた身体を
映画で見るの楽しみですね。 

 

映画「怒り」初日。

とうとう、待っていたこの日。
初日舞台挨拶の様子も、ちらほら、UPされています。⇒映画ナタリー 

640
 
わたしも、初回上映で観てきました。
コメントでミクママさんが教えて下さったとおり、
東京、千葉、沖縄のつなぎ方が見事で、
3つの物語と、一年前の事件とが、
混乱なく、頭の中で、つながっていくので、
ごく自然にストーリィを追うことができました。

『小説「怒り」と映画「怒り」』を読んだときに、
吉田修一さんの書かれていた言葉、
「最初は犯人探しから始まったとしても、見終わるときには
その誰もが犯人じゃなければいいのにと願ってしまうような映画にしたい」
と撮影前李監督がおっしゃっていた、
まさにそのとおりの映画になっていたと思います。

なぜ、人は出会い、信じるのか。
その問いかけが、いつまでも、こころの奥に残っていくような
そんな映画だった。

綾野剛さんの直人は、見事でした。
現れ方も消え方も。
優馬の母と直人がすごす時間の描かれ方に
ろうそくの炎のような・・・はかない優しさを感じました。

山神一也の「怒り」は解説しようとすれば
たくさんの理屈や言葉が浮かんでくるけれど、
この世の中の多くの出来事が、真実はそれだけではない、
と付け加えるしかないように
人間存在の複雑さのむこうにつかむことのできない謎のまま
ただただ広がっていく。打ちのめされる。

エクササイズ
今朝は「トレーシー1」と筋力体操。リラックス編。




 

映画「怒り」ジャパンプレミア

きのうの、ジャパンプレミア。
参加されたみなさま、コメントありがとうございます。
情報もたくさんUPされていて、雰囲気、想像できます。
ひとつだけリンクしておきます⇒シネマカフェ 

160914ikari1-770x513


わたしも、たぶん初日には観に行くことができるので、
ワクワクです!

きょうはこれからアルバイトなので、短めに。

エクササイズ
今朝は「トレーシー腹凹」
 
ギャラリー
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。
  • スッキリ
  • 明日は「スッキリ」
  • 綾野さんの言葉、「平成」への愛。