エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

閉鎖病棟

映画「閉鎖病棟-それぞれの朝―」感想。

初日の初回に行ってきました。
さっき、パンフレットを読み終えたところ。

尊敬する 鎌田 實 先生の
『「吹き溜まりの」の中の美しい心たちは人々に勇気を与える 』
というコラムがあった。
鎌田先生も「それぞれの朝」という副題が生きていると書いている。
「閉鎖病棟の中で生活する患者たちに、それぞれの朝があるだけでなく、息苦しく呪縛された世界で、今を生きているぼくたちすべてに、それぞれの朝があることに気がつく」

いまは、病院から社会へという流れがあり、
閉鎖病棟が生活の場であるような状態は減ってきていると思うけれど、
原作が書かれたころや、わたしが精神科医として精神病院で仕事をしていたころは
長年、病院で生活していて、そこで暮らしているような患者さんが多かった。

映画を見ていて、「閉鎖病棟」で仕事をしていたころのことを
いろいろ思い出した。ずっしりと重い太い鎖の先に結ばれていた病棟の鍵。重い扉。
病棟での日課。様々な行事。
そう、映画の中の「閉鎖病棟」、俳優さんが演じる「患者」、そして「ご家族」
全てにリアリティがあって、つらくなった。

以前、「クワイエットルームにようこそ」という映画を見たときには、
ユーモアで隠されていた、事実が、この映画では
真正面から描かれていた。

それだけに、フィクションで描かれる事件の背景にある
「無償の優しさ」が真実として迫ってくる。

平山監督は、その優しさをすくいとって、素晴らしい映画にした。
こんなにも重い内容の映画なのに見てよかったと感じられるのは
何もかも失っているかのようにみえる人たちが
互いに手を差し伸べ合う、その優しさと美しさが
きちんと描かれているからだと思う。

鶴瓶さん、綾野剛さん、小松奈々さん、素晴らしかったです。

私が、好きなシーン

チュウさんが由紀と、秀丸さん、昭ちゃん、4人で買い物に外出するところ。
それから悲しいんだけれど、サナエさんが海を見ながら歌うところ。

原作で自分と重ね合わせた新川医師が登場しなかったとのは
残念だけれど、その役割を看護婦長を演じた小林聡美さんが担当していたように感じた。
また、もう一度、原作も読んでみようかな。

きょうは一日映画の余韻で過ごしたように感じています。

いつものことですが、きょうはいつも以上に強く、
この映画と原作に出会う機会を作って下さった
綾野剛さんにこころから感謝したいと思います。



「閉鎖病棟」読了。

いま、「閉鎖病棟」、読み終わりました。

閉鎖病棟 (新潮文庫)
帚木 蓬生
新潮社
1997-04-25





わたしは、この小説を全く知らなくて、綾野さんが出演される作品として、
映画化という情報がなければ、読んでいなかったと思います。
いつものことですが綾野剛さんに感謝です。

映画の情報を先に知っていたので、
登場人物の名前は小説と同じでも、描かれる病院の土地も、
綾野さんが演じるチュウさんの年齢も異なり、
ストーリィはもちろん、映画に反映されているとは思うのですが、
まったく別のものとして、読むことができました。

わたしが精神科医になったころより少し前の閉鎖病棟が描かれたこの小説。
それでも・・・同じ精神科医であって、精神科医療に携わっていた
作者の描こうとしていたことが、わたしには痛いほどわかりました。
物語の終盤、チュウさんの新しい主治医として登場する
新川医師に、生意気なようですが、自分自身を重ねてしまいました。
まるで、精神病院で仕事をしていたときの自分を見るようで。

平山監督はこの小説のどこにどのように惹かれ、
脚本にされたのか?そして、描かれた映画は?
映画を見る日が待ち遠しいです。

鶴瓶さんの演技も、そして、綾野さんが映画の中で
どのように存在するのか?
何もかも、待ち遠しい・・・・

小説を読み終わったいま、自然とこぼれた涙と、
身体に静かに広がる感動を忘れず、映画館に行きたいと思います。

エクササイズ、相変わらず、トレーシーと体幹体操、ジム。

年明けから、5年ごと更新の、産業医、精神科専門医、
運転免許の更新まで、今年でした。
そういう区切りみたいなもの、ひとつひとつクリアしていくこと、
好きです。学生の頃は試験が好きだった。
学んだことの成果が試されるから。
確定申告も、税理士さん任せだったときより、やりがいある。
こういうの、面倒に思う人もいるのかな?
普通、試験とか嫌いな人が多いのかな?
よくわからないけど、というのは、こういうこと話す友人もいないので・・・
でも、わたしは、こんな自分のこと、好きかもしれない。
少しずつ、まじめに。
エクササイズもそんな感じ。

「閉鎖病棟」、読み始めた。

先週、購入いていた「閉鎖病棟」、

閉鎖病棟 (新潮文庫)
帚木 蓬生
新潮社
1997-04-25


いきなり、つらいシーンで始まったけど、
映画はどうなのかな?

この、1週間は、フリーになってから一番忙しかった。
嘱託産業医の仕事の負荷がちょっと大きかったことと、
医院をしていた時の患者さまから、保健所を通じて、書類作成の依頼があって、
カルテを探したり、いろいろ・・・
カルテは古いものから、どんどんシュレッダーにかけているので、
自分が悪いんだけど、ちょっと、順番とか、雑然としていて、
医院を開いているときには、カルテ棚に整然と並んでいたし、
コンピュータで検索もできたんだけど、
うーん、コンピュータって、ほんとに便利。しみじみ思いました。

でも、無事、書類は作成して、お送りすることができたし、
産業医の方は臨時訪問することで、なんとかなりそう。

忙しくても、ツイッターのNewsさんと、綾野さんのインスタはちゃんと
毎日、チェックしていました。
インスタは写真や動画もうれしいけど、綾野さんのコメントが
なんかうれしい・・

わたしも、インスタ、なんか投稿しようかなって思う。

きょうは、仕事のため借りている部屋の火災報知機のチェックの日で、
いつもだと、植物に水やりして、シュレッダーをかけるくらいで、すぐに
スポーツクラブに出かけちゃうんだけれど、滞在時間が長かったので、
確定申告の準備をしていた。
もしかしたら、今年は税金を納めることができるかも。
まだわからないけれど。そうだといいな。

エクササイズ
今朝は、「トレーシー1」と「体幹体操」。ジムは行けなかった。

閉鎖病棟

昨日、ストレスチェックの仕事で、一日中出かけていたため、
この映画のニュースを知ったのは、昨夜遅くでした。
この写真の綾野さんステキですね。
わたし、ダッフルコート、好きなんだぁ・・・

DyjHZNXUYAA0c9M

精神科病院が描かれるということで、
たぶん描かれている時代が、ちょうど私が精神科病院で働いていた時期だと思い、
うまく表現できないけれど、
より惹かれるというか・・・

封切りが、わりと近く、
今年秋というのも、うれしいです。
原作は未読なので、
さっそく、読んでみたいと思います。

閉鎖病棟 (新潮文庫)
帚木 蓬生
新潮社
1997-04-25


エクササイズ
今朝は 体幹体操、トレーシーJapan 、これからジムに行って
ズンバのクラスを受けるつもり。


ギャラリー
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「影裏」、来週公開ですね。
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。