エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

「影裏」、来週公開ですね。

きのう、久しぶりに綾野剛さんのインタビューが載っている雑誌を購入した。



昨年、「楽園」、「閉鎖病棟」、と出演作が封切られ、
来週、「影裏」なんだけど、
この3作品をインタビューの冒頭でご自身にとっての「3部作」と表現されている。
理由は、ほとんど同じ外見で、まったく別の人格を表現しているということ。
それが綾野剛さん自身で意図されたことだと知り、驚きました。

それから、一昨年~昨年の密なスケジュール。
「ハゲタカ」のクランクアップ翌日にもう「影裏」・・・
そして、日本映画、日本ドラマへの想い。

4ページだけの、短いインタビューでしたが、
映画を中心に活動されている最近の綾野剛さんの日本映画や日本のドラマに対する思いが
強く伝わってきて、読みごたえがありました。
綾野さんが出演されている「楽園」、「閉鎖病棟」は
残念ながら、キネマ旬報ベストテンには入っていなかったけれど
投票された方のうち何人かはこの2作品を上位に挙げていらして、
うれしかったです。
私は綾野さんの出演作品以外はあまり見ていないのですが、
映画っていいなって思います。
また、DVDなどでゆっくりキネマ旬報ベスト10の作品は見ていきたいです。

さて「影裏」の封切り・・・
私は仕事の都合で封切りの2月15日(金)には映画館に行くことができなくて、
2月16日(土)に行くつもりですが、
それまでの間、「ダヴィンチ」や、(きょう発売だったんだ!)
「+act 」も発売されるし、
TVへのキャンペーン出演もありそうで楽しみですね。











「影裏」の原作は映画のカバーが付いた文庫を購入していて
先日、読了したのですが・・・
影裏 (文春文庫)
沼田 真佑
文藝春秋
2019-09-03



DSC_0002

感想は映画を見てからUPしようと思います。
先日、情報解禁になった「ドクター・デスの遺産」も映画のカバーが付いたものを
待つつもりだったのですが、つい注文のクリックをしてしまい、
明日、届く予定。






今回、読んだインタビューの中で、
綾野さんが「鍛錬」という言葉を使ってらした。
ストイックでいいな。
わたしも、100分の1も真似できないけど、
仕事、勉強、エクササイズ、
背筋の伸びた姿で、暮らして行きたいです。

電車の中で声をあげて笑いそうになった。

町田康さんのエッセイ集
「おそれずにたちむかえ」を読み始めたことはこのブログにも書きましたが
面白すぎるんです。
きのう、きょうと通勤の電車の中で読んでいますが
何度も吹き出しそうになり、
マスクをしていてほんとうに良かったと思いました。
読書していて、感動で涙したことはありますが
声を立てて笑いそうになったことは初めてです。

現実にある程度、即したエッセイで、この飛び方なら
創作である小説世界では、どんな世界が展開されるのか・・・
町田さんの才能にただただ驚いています。




続きはお昼休みに・・・

お昼休みです。先週も今週も、昼休みの2分前に仕事を頼まれ断ったんです。
その前までは、「はい」と言って、引き受けていたんだけど、
時間給で働いているので、いつもお昼休みが短くなっては嫌だなと思い・・・

自分が医院を経営していたころは、
診察の都合で、延長して働いていただいたことあったんですが
話し合って15分毎、お給料をちゃんとお支払いしていたんです。
(5分以上になったら15分ぶんの時給をお支払いする約束でした)
いまのアルバイト先は、そういうこと一切ないので・・
もう一か所の会社は時間の延長もないし、有給休暇も付与されています。
もちろん、わたしがしていた医院ではきっちり有給休暇制度ありました。
きょうのバイト先はそういうのもないし、
正社員の方は交代でお昼休みとっているみたいなので、昼休みの仕事は
正社員の方にお任せしたいなと・・・
雇われる側、雇う側、両方経験すると、気づくことありますね。

いま、国会で話題になっている裁量労働制ってどうなのかな?

などど、つまんないこと考えてました。
町田康さんを見習って、もっと、面白い発想を身に着けたいな。
ほんとうにわたしって平凡でつまんない・・・
ちまちましているし、姑息だよなぁ。


エクササイズ
今朝は「トレーシー1」とDDDワークアウト、1曲。元気。



もう一度、しっかりこころに刻み付ける言葉。

わたしが、「カーネーション」の周防龍一のことが
どうしても忘れられなくて、スタジオパークのインタビューが決定的なきっかけとなり
演じてらした綾野剛さんが大好きと感じたとき、
誰かのファンになるという経験があんまりなかったので
そういうのどうかなって、否定的に思っていたときに
「好き」という気持ちは大切だと背中を押してくれた言葉。
もう、このブログには何度も書いたけれど
自分に言い聞かせるためにもう一度、書いておきます。

「この人が好き。この人はすてき。この人のことを考えるとわくわくして、元気になれる。そんな気持ちは馥郁とした香りのように、暮らしのすべてに広がります。相手に伝わらない、いいえ伝えようとさえしない100パーセントの片思いは100パーセント純粋な恋心。
大人になると無償で純粋なものは、暮らしの中に見つかりにくくなります。だからこそ恋心を、唯一手つかずの『純粋なもの』として宝物にするのもいいものです」今日もていねいに。から引用。

今日もていねいに。 (PHP文庫)
松浦 弥太郎
PHP研究所
2012-02-03



自分の中に「純粋なもの」が存在しているって、そういう宝物があることって
何かしあわせなことだなって、しみじみ感じています。

エクササイズ
「トレーシーJapan 」、ジムで「エアロビクス」。


「今日もていねいに」再読。

このブログでも何回か書いたことがあると思うのですが
綾野剛さんのファンになるきっかけを与えてくれた本です。
久しぶりに読んでみました。

今日もていねいに。 (PHP文庫)
松浦 弥太郎
PHP研究所
2012-02-03


松浦さんの「ていねいさ」は厳しすぎて、ついて行けない面もありますし
あまりに真面目なので、つっこみをいれて茶化したくなる面さえありますが
それでも・・・いろいろなことを気づかせてくれる本です。
ときどき読み返すと背筋がぴんと伸びる気がします。

最初からずっと付箋をつけてある大切な文章はこの部分。
p200にあります。

「この人が好き、この人はすてき、この人のことを考えるとわくわくして、元気になれる。そんな気持ちは馥郁とした香りのように、暮らしの すべてに広がります。
相手に伝わらない、いいえ、伝えようとさえしない100パーセントの片思いは、 100パーセント純粋な恋心。
大人になると無償で純粋なものは、暮らしの中に見つかりにくくなります。だからこそ恋心を、唯一手つかずの『純粋なもの』として宝物にするのもいいものです」

きのうから、「フランケンシュタインの恋」 の綾野剛さんのビジュアル見ていたら
この言葉が思い出されて、きっと、このドラマのテーマにもシンクロするのかなって・・・

RADWINPSの「棒人間」は昨年NHKのSONGSで聴いて印象に残っていた曲でした。
自分は他の人と違う・・・うまくやれない・・・そんな思春期の頃のぎこちなさが
思い出されて、そういうこと忘れないで楽曲にしていく野田さんの感性に、
魅力を感じました。ドラマの最後に流れるのかな・・・ぴったりですよね。
まるで、このドラマのために書き下ろされたみたい。不思議。不思議。成功の予感!



エクササイズ
今朝は「トレーシー1」、ジムで「ファイドゥ」、ファイドゥは格闘技系エクササイズ。
上腕の筋肉の形が好きなわたしはボクシングのポーズをしたときわずかに自分の三頭筋の形が浮かび上がるのを見て、なぜだか、すごくうれしくなります。楽しいです。


 

小説「永い言い訳」読了。

昨日から、オンエアのドコモCM「アヤノサンドロス?」、
きのうだけで、4~5回、見ることができました。うれしい。
携帯電話会社のCMは頻度が多いし、どこのCMもすごく楽しい。
もちろん、ドコモの綾野剛さん出演シリーズがいちばん、好きです!

ところで、きょうも一冊、本の話題。
映画は見ていないのですが、
西川美和監督の小説「永い言い訳」、読みました。

永い言い訳 (文春文庫)
西川 美和
文藝春秋
2016-08-04


映画の配役をある程度知っているので、
イメージしやすかったというのもあるけど、
なにより、面白かった。
冒頭から、西川美和監督のふわっとした美しい容姿からは
想像できないような、描写があって、
ああ、すごい。表現者って、すごい!
そこに宿る才能に圧倒されました。

配偶者の喪失、が描かれているのですが・・・
わたし、ひさしぶりに、文章で泣けました。
さいごの数ページ、涙が止まらなかった。
存在しているものは、失われる可能性を常に孕んでいる。
そんなこと、嫌というほどわかっているはずなのに、
きょうが何事もなく過ぎれば、当然のように
明日も同じ日々が続くと、思いこんでしまう。
やはり、大切なこと、大切な人、
この一瞬一瞬、まっすぐ、愛を向けていかなければ・・

いつも綾野剛さんを見て、学んでいるはずなんですけれど
わたし、ほーんと、凡人なので・・・
ついつい、忘れちゃう・・・

映画「永い言い訳」も見たいなぁ・・・
まだ上映中かもしれないけど、DVD発売されたら
レンタルで見たいデス!



エクササイズ
今朝は、「トレーシー1」ジムで「エアロビクス」60分。 
ギャラリー
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「影裏」、来週公開ですね。
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。