エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

雑誌

「InRed 」2020年3月号

この際だからと
「InRed」も購入しちゃいました。




見開き2ページで、「影裏」についてのインタビュー。
お仕事の充実ぶりがよくわかりました。
ここでも白い衣装がよくお似合いでした。
「+act 」も白い衣装だったし、
いま雑誌インタビューは“白”の気分なのかな・・・

最近の女性雑誌って付録が素晴らしいと思いませんか?
今回、わたしはアマゾンや書店で購入できる
ヘアブラシが付録のものではなくて、
セブン―イレブン限定 の ミニトート付きのにしたんです。

1216848239_main_el


これがずいぶん優れもので、リビングのテーブルに
こまごま置いていた雑貨がすっきり片付いて助かりました。
こんなことまで、綾野さんのおかげって感じているわたし。
ヘンなんだけど。まぁ、いいや、それで。

1216848239_1_sub1_l


きのうの「ぐるぐるナインティナイン」、「ゴチになります」も楽しかった。
今日公開になった「影裏」明日、観に行きます。
楽しみです。


「+act」2020年3月号



「ダヴィンチ」もそうだったけど、やはり表紙が綾野さんだと欲しくなってしまいますね。
それに「+act 」はこまで以上にステキな綾野剛さんの今を見せてくれました。
きょう(もう昨日になってしまったけれど)、仕事帰りに購入して
フォトセッションでの綾野剛さんの、その瞳の美しさに魅せられ、
インタビューのひとつひとつの言葉の誠実さにこころが惹きつけられ、
大友啓史監督とドン・ティエンイー監督のお話に感動しました。

「影裏」公開を前に、こうした雑誌情報が入ってくるのは、シンプルにうれしいです。

それから・・・
これは別の話ですが、
先週購入した「ドクター・デスの遺産」







読み始めたら、面白くて一気に読んでしまいました。
綾野剛さんがどんな犬養隼人を演じるのか、11月の公開が待ち遠しいです。
この「ドクター・デスの遺産」は犬養刑事シリーズの4作目ということで、
他の作品も読みたくなりました。

綾野さんが、「すべてがFになる」で犀川創平を演じたときに、
そのシリーズを次々読んで楽しかった経験を思い出しました。
考えてみると、仕事にかかわる専門書以外のエンタテインメントって
ほとんど読む機会がないので、
綾野さんきっかけで、こうして面白い作品に出会うことができて、
ありがたいなって思います。
音楽も最近は綾野さんきっかけで、King Gnu ばっかり聴いてる・・・

毎日、繰り返しの平凡な日々だけど、
なんだかしあわせだなって、思える。感謝です。

「+act 」2019年4月号



綾野さんの連載、「牙を抜かれた男たちが化粧をする時代」
たぶん、インスタの1月28日と同じ感じの写真に


Dx-Brb4UUAAGkt0

「どこまでも遠く
 どこまでも濃く
 どこまでも鮮やか」って言葉。

うん、そう、そうだねって、思った。
そんなふうに、空を見上げて、そんなふうに、
未来を見据えて、生きていけたらいいね。

エクササイズ
今朝は「トレーシー1」と「体幹体操」

愛?

一昨日、「+act 」を本屋さんでチェックして、
綾野さんの連載ページを目にしてから、ずっと考えている。








「愛」に似た漢字だけど、冠の下が「友」になっている。
その一文字・・・
もしかして、中国語でそういう文字があるのかなとか考えたけど、
そういうわけでもないのかな・・・

友愛のようなこと、お伝えになりたかったのかな・
誰か、ご存知だったら教えてね。何しろ物事知らないので・・・
でも、愛と友を表しているんだということはわかる。
綾野さんが大切にしていることだもの。

中国の映画界のことはよくわからないけれど、
日本のようなキャンペーンがあるわけではないとしたら、
いつもの綾野さんのキャンペーンへの姿勢を考えると、
初主演映画のPRのために、weibo されているの
すごくよくわかる。
わたしも、中国語がわかったら、もっと、熱心になれるんだけどな。
日本公開のときが楽しみです。その時を待ちます。

エクササイズ、
ずっと「トレーシーメソッド」と「体幹体操」続けていて、
ジムは行けるとき、必ず行くようにしています。
きょうは zumba のクラス受けてきたところ。
すごく楽しかった!

「+act 」2018年10月号



隔月連載の、「牙を抜かれた男たちが化粧する時代」

「誰も斬らないなら、私が斬る。
 誰も演らないなら、私が演る。」

鮮やかな印象を受けました。いつ頃の作品?
「斬る」という言葉からは、「パンク侍」に関連した言葉とも取れるし、
後段の言葉は、役者としての覚悟にも取れるし・・・

ああ・・・
孤高の人なのかな。もちろん、人を愛し、人を大切にされているけど、
芯のところは、ね。かっこいいです。ため息でます。

エクササイズ
「トレーシー1」、ジムで「バレトン」


ギャラリー
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「InRed 」2020年3月号
  • 「影裏」、来週公開ですね。
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。