エクササイズ日記@ひねひな

毎日の運動習慣を記録するブログですが、なぜだか いまは綾野剛さんのファンサイトになっています。

64

「64後編」、行ってきました。

映画「64後編」初日、初回上映に行ってきました。
ほぼ、満席。前篇もヒット中ということで、後編も大ヒットかな。
記事ももういっぱいUPされていて、
いちばん詳しそうなのリンクします⇒映画ナタリー 
きょうの綾野さんもステキですね。

news_thumb_1X4A9361

初日舞台挨拶、参加されたみなさまの感想お待ちします!
映画はね、原作やドラマとは異なる結末だと知ってはいたけれど
想像つきませんでした。ああいう脚色になっているのは・・・

なので、綾野剛さんの諏訪に関してだけ言うと、
後編も出演シーン、多くはなかったんですが、
すごく印象に残りました。
つらい状況のシーンが多いのですが、
横顔も眉間にしわを寄せた表情もステキでした。
普通のスーツ姿が似合って、左手の薬指に指輪していらして
この諏訪という人は、きちんと仕事をして、家庭もあって、
そういう背景がきちんと伝わってくる人物でした。
広報室係長として記者たちの前に立って
アナウンスするあの登場場面ではたぶん最後のシーン、
すごく印象的でした。
わたし。この諏訪という人好きです。
ワルを演じる綾野剛さんも魅力的だけれど、
こういう役柄で光る綾野剛さんが好きです。

エクササイズ、
今朝は「トレーシー1」のみ。

 

「シネマスクエア」vol.84



ようやく「シネマスクエア」みつけました。
映画「64」の特集10ページでした。
最初の6ページが佐藤さん、綾野さん、榮倉さん、
3人へのインタビューと写真。
2ページが窪田正孝さんのインタビュー。
のこり2ページが瀬々監督と原作の横山さんへのインタビュー。

綾野さんは「64」取材日の金髪。丸眼鏡、ダークスーツ姿。
見開き2ページの3人の写真がかっこよかったデス。
インタビューの内容では
佐藤さんが、綾野さんの演じた広報係長は原作だともう少し年上だけれど、
綾野さんが演じたことによって 組織の中で埋没している人間の葛藤が
描かれているとおっしゃっていたこと。
その言葉を受けて、綾野さんも瑛太さんとともに
少し若すぎるかもと感じていたけれど現場ではまったく気にならなくなっていたと
お話されていました。全体として・・・
佐藤さんと共演したことの意義が感じられるインタビューでした。

インタビューぺ^-ジの最後のところに
「自分の運命をかけた言葉は」という Q&A があって、
綾野さんはこの何年かは「人生は人」と考えているとお答えになっていました。
そう考えるようになって、確かに変わったと。

あと「64」が表紙の「キネマ旬報」もチェック。



特に綾野さんの記事はなかったのですが
監督へのインタビュー。
佐藤さんへのインタビュー。
メイキングオブ「64」という記事が載っていました。


きょう、
「シネマスクエア」を見つけたのはツタヤだったので、
レンタルDVDもおいてあるお店だったんです。
捜してみたら「エンドレスワルツ」があったので借りてきました。
今夜、見ようと思います。楽しみ。

あの頃映画 「エンドレス・ワルツ」 [DVD]
広田玲央名
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2012-01-25


エクササイズ
今朝は事情があって、「ジリアン」のみ。13日目です。
あとジムで1レッスン。トレーシーやらなかったのは、久しぶり。 

「J Movie Magazine 」vol.11


本日発売の「J Movie Magazine 」vol.11。
なんと映画「64」の特集が巻末に22ページもあって、壮観です。
最初の見開きページはキャストが一堂に会した写真で
もうそれだけでも迫力。
それぞれのキャスト、見開き2ページの写真とインタビューがあり、
瀬々監督、原作者横山秀夫さんのインタビューもありました。

綾野さんのインタビュー、いつもながら読み応えありました。
特に最後の方、「すごい映画」っていう表現、わかります。
前篇見ただけでも、その意味、わかりました。

原作者の横山さんのインタビューでは
映画での結末変更には抵抗があったれど、
映画としての納得の結末とのことなので、
どんな変更になっているのか、後編が待ち遠しいです。
わたし、原作読んだの一年前だったし、あまり覚えてなくて・・・
ドラマは原作通りだったのかな?
もう一回みようかなって思います。

この雑誌、「64」のあとに「 I Love This Movie 」という見開きのページがあって
綾野剛さんの選択は「エンドレスワルツ」1995年、若松孝二監督作品です。

あの頃映画 「エンドレス・ワルツ」 [DVD]
広田玲央名
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2012-01-

 




ぜんぜん知らない作品です。でも見てみたいな。

きょう、2つの本屋さん、まわったけど、
「シネマスクエア」はなかった・・・

きのう確かめたいと言っていたのは、
「 cinema★ cinema」 にもインタビューページに
「好きな登場人物」という記事があって、
綾野さんは「博士と彼女のセオリー」のホーキンス博士役のエディ・レッドメインと
「私の男」の父親役の浅野忠信さんを挙げていたの。

博士と彼女のセオリー [Blu-ray]
エディ・レッドメイン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-02-03






私の男 [DVD]
浅野忠信
Happinet(SB)(D)
2015-02-03


 「私の男」は見たんですが、「博士と彼女のセオリー」は未見なので、
ぜひ、見たいと思います。

綾野さん、お仕事も対人関係もお忙しいと思うのに、
インプットも貪欲に続けてらっしゃるのだなって、
すごいなってほんとうにこころから思いました。

エクササイズ、
今朝は「トレーシーJapan」と「ジリアン」12日目。 

映画「64」前篇、観に行ってきました。

観に行ってきました。朝早い時間からの初回上映だったのですが、
席はほぼ埋まっていました。ヒットするといいな。

映画はすごく良かったです。
映画の世界に入りこめました。
何度か、泣きそうになりましたが、
やはりドラマ版のときと同じく
蔵前さんが調べた
交通事故被害者のことを三上さんが
記者たちの前で話すところで泣けてきました。

綾野剛さんの 諏訪はすごく良かったです。
広報室のチームワーク感が伝わってきて
出演場面少なかったですが、存在感ありました。
大きな組織の中に組み込まれていると
見失いがちになる大切なことを
三上を中心とする広報室メンバーが
必死の覚悟で守ろうとしていると、そう感じました。

後編、待ち遠しいですね。
ストーリーがわかっていても、どんな描かれ方になるのか
速く知りたいなって思います。

舞台挨拶に関しては
いくつか記事も上がっていて、⇒映画.com映画ナタリー
すてきな綾野さんの写真も見ることができましたが
参加されたみなさんの感想も楽しみです。お待ちします!

3_large

エクササイズ
「トレーシーJapan」と「ジリアン6日目」


 

明日は・・・

明日は映画「64」のキャンペーン生出演があるんですね。
録画予約しなくちゃ。
上映スケジュールもわかったので、
5月7日(土)封切り日に観に行きます。初回上映。
えっと、映画館に行くのは・・・
「リップヴァンウィンクルの花嫁」以来ですね。
あれが3月28日のことで、そんなには経ってないですね。
でも全然違うタイプの映画だし、
ちょうど一年くらい前に原作を読んで
TVドラマを見たので、別の楽しみがありまね。
豪華キャストもそれから警察広報官諏訪役の
綾野剛さんに会えるのも楽しみです。

後編は6月11日封切り。
その少し前にみなさんにお会いできるから、
おしゃべりすること、
いっぱいできそうですね。ふふ。
あれもこれも楽しみいっぱいです。
ほんとうに綾野剛さんには感謝しかないですね。

エクササイズ
きのうは「トレーシーJapan」「ジリアン3日目」夜ジムで2レッスン。
今朝は「トレーシー1」と「ジリアン4日目」。元気です。




 
ギャラリー
  • すべてが糧になる
  • さっきから・・・
  • コメント、ありがとうございます!
  • いよいよ明日ですね。
  • いよいよ明日ですね。
  • ショートムービーだったんですね。
  • スッキリ
  • 明日は「スッキリ」
  • 綾野さんの言葉、「平成」への愛。